iPhone repair

正規店での修理について

iPhoneをいじる金髪女性

みなさん、iPhoneが故障したり、画面が割れたりした時はどうしますか。もちろん修理をしますよね。しかし修理をする時どこでするかを迷いますよね。そこで今回正規店でのメリットやデメリットについて書いていきます。正規店はAppleの認可を受けているので、部品を純正のものを使用していて、修理としては、部分パーツの交換ではなく、iPhoneごと交換されることが多いです。本体購入時の1年間製品保証と、毎月600円ほど払えば、AppleCare+による2年間の過失事故による損傷の修理保証がついていますがAppleCare+の保証は2年間で2回しかありません。このようなことが正規店でのメリットであります。しかし、修理を出すとデータは全て紛失してしまいます。バックアップをきちんと取れば、この問題は解決できますので、きちんとパソコンやicloudに保存しておきましょう。基本的に料金は高めであります。本体交換をしなければならないようになれば、高額になってしまいます。そして、予約が必要で修理を出してもその日で終わることが少なく数日を要します。以上のようなことがデメリットとして挙げられます。一番はiPhoneの画面を割ったり、故障しないように使うことが必要です。もし修理が必要になってしまったときは、以上に挙げたことを考えながら持っていきましょう。

Topics